家studyをつづって

IT技術に関することやセキュリティ、ガイドライン等学んだことをつづっていきます。

犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯収法)とeKYC

概要

ドコモ口座の件より、eKYCという言葉が話題になっています。

この記事ではeKYCについて調べたことをまとめます。

 

 

 

eKYCとは

eKYCとは(electronic Know Your Customer)の略で、電子的な(非対面、オンラインでの)本人確認を行うための機能です。

本人確認を行う理由としては、金融機関等で作成される口座がマネーロンダリング等の不正送金に利用されることを防止する「犯罪による収益の移転防止に関する法律(以下、犯収法)」で定められているためです。

 

 

 

犯収法の規制内容

犯収法の6条では「顧客等の本人特定事項の確認方法」が定められています。

また、2018年11月30日の改正により、オンラインで完結する本人確認方法が追加されました。

当該顧客等又はその代表者等から、特定事業者が提供するソフトウェアを使用して、本人確認用画像情報(当該顧客等又はその代表者等に当該ソフトウェアを使用して撮影をさせた当該顧客等の容貌及び写真付き本人確認書類の画像情報であって、当該写真付き本人確認書類に係る画像情報が、当該写真付き本人確認書類に記載されている氏名、住居及び生年月日、当該写真付き本人確認書類に貼り付けられた写真並びに当該写真付き本人確認書類の厚みその他の特徴を確認することができるものをいう。)の送信を受ける方法

※上記にある本人確認書類の厚みとは、撮影された本人確認書類(免許証等)が単なる画像ではなく、実際のものがあることを確認できるように行うものです。

f:id:iestudy:20201002214135p:plain

免許証での厚みのイメージ

elaws.e-gov.go.jp

 

eKYCのソリューション

eKYCのソリューションにはスマホアプリが提供されているものや、ブラウザで利用できるようなものがあります。

自社サイトのAPIを利用するものや、サイトのページにスクリプトを埋め込むタイプのものがあります。 

jpn.nec.com

 

www.ungate.co.jp

 

ekyc.showcase-tv.com

 

参考にさせていただいたサイト

www.resonabank.co.jp

www.pi-pe.co.jp

https://www.soumu.go.jp/main_content/000478067.pdf

※総務省公開資料