家studyをつづって

IT技術に関することやセキュリティ、ガイドライン等学んだことをつづっていきます。

ガントチャートとPERT図

ガントチャート及びPERT図は、プロジェクト完了のためのタスクを表示するプロジェクトマネジメント手法です。

 

 

 

ガントチャート
ガントチャートは、プロジェクトの計画とスケジューリングのための使用される表です。
ガントチャートは、プロジェクトが時間の経過と共に小さいな作業や具体的なタスクに分割されます。
ガントチャートでは、表の横棒で作業の進捗状況を表し、各タスクの継続時間、進捗状況などを確認できます。

f:id:iestudy:20191118232724p:plain

ガントチャートのイメージ

ja.wikipedia.org

 

PERT図(アローダイアグラム)
PERT図(Program Evaluation and Review Technique)は、複雑なプロジェクトの計画とスケジューリングによく活用されます。
各タスクの処理順序の関係がネットワークやフローチャートの形で表現されます。
また、プロジェクトの開始から終了に至るまでのタスクや作業の完了時間に余裕のない経路(クリティカルパス)を明確にして、予定工期までにプロジェクトを完成できるかどうかの計画の実行可能性を検討することができます。

 

f:id:iestudy:20191118232849p:plain

PERT図のイメージ

PERT図に関連する用語として、以下のようなものがあります。

  • 先行イベント:あるイベントに先行して完了しなければならないイベント
  • 後続イベント:あるイベントの後に続くイベント。
  • 楽観的時間:タスク完了に必要な最小時間。先行する作業やイベントが予想よりうまく進行した場合の見積。
  • 悲観的時間:タスク完了に必要な最大時間。プロジェクトが崩壊するほどではないが、全てが予想より悪く進行した場合の見積。
  • クリティカルパス:最初のイベントから最終イベントまでの最長と思われる連続な経路。これにより、プロジェクトに要する期間が決定され、クリティカルパス上の遅延はプロジェクト全体の遅延に直結することを意味する。

ja.wikipedia.org

 

ガントチャートとPERT図の比較

比較 ガントチャート PERT図
表現図式 バーチャートで示す フローチャート(またはネットワーク図)で示す
適用範囲 小規模のプロジェクトに適用 大規模のプロジェクトや複雑なプロジェクトに適用
表現内容 プロジェクトのタスク、各タスクの開始、終了、継続時間、進捗状況 プロジェクトの各タスクの処理順序(流れ)、完了時間、クリティカルパス
特徴 タスク間の相互依存や相互接続の関係を表示できない 独立したタスクに数多くの相互接続のタスクネットワークがある

 

参考にさせていただいたサイト 

www.edrawsoft.com

sp-jp.fujifilm.com