家studyをつづって

IT技術に関することやセキュリティ、ガイドライン等学んだことをつづっていきます。

MTTRとMTBF

前提として

コンピュータシステムの信頼性を総合的に評価する基準として、RASISという概念があります。

  • Reliability(信頼性)
  • Availability(可用性)
  • Serviceability(保守性)
  • Integrity(保全性)
  • Security(機密性)

 

 

 

信頼性(Reliability)は、システムが安定して稼働し続けている時間からみた安定性の指標で、平均稼働時間(MTBF)で表されます。

f:id:iestudy:20191201231047p:plain

MTBFの求め方

なお、MTBFの逆数をとることで、故障率を求めることができます。

f:id:iestudy:20191201231315p:plain

故障率の求め方

 

保守性(Serviceability)は平均修理時間(Mean Time To Repair、MTTR)で表されます。MTTRは修理に費やされる平均的な時間から算出されます。

 

MTBF(信頼性の指標)とMTTR(保守性の指標)から、システムにおける可用性(Availability)の指標である稼働率が導かれます。
稼働率が高いほど、そのシステムは正常に動作していることになります。

f:id:iestudy:20191201231141p:plain

MTBFとMTTR


稼働率の求め方

MTBFが大きくMTTRが小さいシステムほど可用性が高く、総合的な信頼性が高いシステムであるといえます。

f:id:iestudy:20191201231216p:plain

稼働率の求め方