家studyをつづって

IT技術に関することやセキュリティ、ガイドライン等学んだことをつづっていきます。

CISベンチマークについて

自分の勉強のために、CISが公開している資料を読んでみました。

www.cisecurity.org

 

 

 

CISとは

CIS(Center for Internet Security)は、セキュリティ推進のためのアメリカの非営利団体で、セキュリティの基準等を公開しています。

www.jiten.com

 

CISベンチマークとは

CISでは、AWSのセキュリティ設定のガイドとして、ベンチマークを公開しています。
このベンチマークでは、チェック項目を確認することで、定量的な評価が可能となります。

各項目には以下の分類があります。Level1でかつSocredなものは設定が推奨と考えることができます。

Level

  • Level1: 設定必須
  • Level2: 環境によっては設定が必要なもの

Score

  • Scored: 減点対象項目
  • Unscored: 減点対象項目ではないが設定が推奨

 

ベンチマークの概要

1.Identity and Access Management
Level 1 1.1 Avoid the use of the "root" account (Scored) rootアカウントは使用しない
Level 1 1.2 Ensure multi-factor authentication (MFA) is enabled for all IAM users that have a console password (Scored) IAMユーザすべてにMFAを有効化している
Level 1 1.3 Ensure credentials unused for 90 days or greater are disabled (Scored) 90日以上利用の無いアカウントは無効化されるように設定している
Level 1 1.4 Ensure access keys are rotated every 90 days or less (Scored) 90日以内にアクセスキーがローテーションされるように設定している
Level 1 1.5 Ensure IAM password policy requires at least one uppercase letter (Scored) IAMパスワードは英大文字を含む
Level 1 1.6 Ensure IAM password policy require at least one lowercase letter (Scored) IAMパスワードは英小文字を含む
Level 1 1.7 Ensure IAM password policy require at least one symbol (Scored) IAMパスワードは記号を含む
Level 1 1.8 Ensure IAM password policy require at least one number (Scored) IAMパスワードは数字を含む
Level 1 1.9 Ensure IAM password policy requires minimum length of 14 or greater (Scored) IAMパスワードは14文字長以上
Level 1 1.10 Ensure IAM password policy prevents password reuse (Scored) IAMパスワードは過去のパスワードの再利用を禁止
Level 1 1.11 Ensure IAM password policy expires passwords within 90 days or less (Scored) IAMパスワードはパスワードの有効期限が90日以内
Level 1 1.12 Ensure no root account access key exists (Scored) rootアカウントのアクセスキーを削除している
Level 1 1.13 Ensure MFA is enabled for the "root" account (Scored) rootアカウントはMFA認証によって保護している
Level 2 1.14 Ensure hardware MFA is enabled for the "root" account (Scored) rootアカウントのMFA保護は、ハードウェアのセキュリティキーを使用する
Level 1 1.15 Ensure security questions are registered in the AWS account (Not Scored) セキュリティ質問がAWSアカウントに設定されている
Level 1 1.16 Ensure IAM policies are attached only to groups or roles (Scored) IAMポリシーは、グループやロールにのみ紐づいている
Level 1 1.17 Maintain current contact details (Not Scored) コンタクト詳細が常に更新されている
Level 1 1.18 Ensure security contact information is registered (Not Scored) セキュリティコンタクト情報が登録されている
Level 2 1.19 Ensure IAM instance roles are used for AWS resource access from instances (Not Scored) インスタンスからのAWSリソースアクセスには、IAMインスタンスロールが利用されている
Level 1 1.20 Ensure a support role has been created to manage incidents with AWS Support (Scored) AWSサポートでインシデントを管理するためのサポートロールが作成されている
Level 1 1.21 Do not setup access keys during initial user setup for all IAM users that have a console password (Not Scored) コンソールパスワードを持つIAM ユーザについては、セットアップ時にアクセスキーを作成しない
Level 1 1.22 Ensure IAM policies that allow full "*:*" administrative privileges are not created (Scored) フル特権(*.*) を持つIAMポリシーを作成しない
2.Logging
Level 1 2.1 Ensure CloudTrail is enabled in all regions (Scored) 全リージョンで、CloudTrailが有効
Level 2 2.2 Ensure CloudTrail log file validation is enabled (Scored) CloudTrail ログバリデーションが有効である
Level 1 2.3 Ensure the S3 bucket used to store CloudTrail logs is not publicly accessible (Scored) CloudTrail ログを保管する S3 Bucket のパブリックアクセスは無効化されている
Level 1 2.4 Ensure CloudTrail trails are integrated with CloudWatch Logs (Scored) CloudTrail 記録は、CloudWatch Logsに連携されている
Level 1 2.5 Ensure AWS Config is enabled in all regions (Scored) 全リージョンで、AWS Configが有効である
Level 1 2.6 Ensure S3 bucket access logging is enabled on the CloudTrail S3 bucket (Scored) CloudTrailログを保管するS3 Bucketにおいては、アクセスログが有効化されている
Level 2 2.7 Ensure CloudTrail logs are encrypted at rest using KMS CMKs (Scored) CloudTrailログは、KMS CMKを用いて暗号化されている
Level 2 2.8 Ensure rotation for customer created CMKs is enabled (Scored) ユーザ作成CMKのローテーションが設定されている
Level 2 2.9 Ensure VPC flow logging is enabled in all VPCs (Scored) 全VPCで、フローログが取得できる
3.Monitoring
Level 1 3.1 Ensure a log metric filter and alarm exist for unauthorized API calls (Scored) 不正なAPIコールに関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.2 Ensure a log metric filter and alarm exist for Management Console sign-in without MFA (Scored) MFA認証を用いないコンソールログインに関する ログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.3 Ensure a log metric filter and alarm exist for usage of "root" account (Scored) root利用に対するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.4 Ensure a log metric filter and alarm exist for IAM policy changes (Scored) IAMポリシーの変更処理に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.5 Ensure a log metric filter and alarm exist for CloudTrail configuration changes (Scored) CloudTrail の構成変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 2 3.6 Ensure a log metric filter and alarm exist for AWS Management Console authentication failures (Scored) AWSマネジメントコンソール認証の失敗に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 2 3.7 Ensure a log metric filter and alarm exist for disabling or scheduled deletion of customer created CMKs (Scored) ユーザ作成CMKについて、スケジュールされた削除処理および無効化に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.8 Ensure a log metric filter and alarm exist for S3 bucket policy changes (Scored) S3 bucketポリシー変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 2 3.9 Ensure a log metric filter and alarm exist for AWS Config configuration changes (Scored) AWS Configサービスの構成変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 2 3.10 Ensure a log metric filter and alarm exist for security group changes (Scored) セキュリティグループの設定変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 2 3.11 Ensure a log metric filter and alarm exist for changes to Network Access Control Lists (NACL) (Scored) NACLの設定変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.12 Ensure a log metric filter and alarm exist for changes to network gateways (Scored) ネットワークゲートウェイについての変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.13 Ensure a log metric filter and alarm exist for route table changes (Scored) ルートテーブルの変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
Level 1 3.14 Ensure a log metric filter and alarm exist for VPC changes (Scored) VPCの設定変更に関するログメトリックフィルタおよびアラームが定義されている
4.Networking
Level 1 4.1 Ensure no security groups allow ingress from 0.0.0.0/0 to port 22 (Scored) 全セキュリティグループにおいて、port 22(ssh)を不特定多数(0.0.0.0/0)に公開していない
Level 1 4.2 Ensure no security groups allow ingress from 0.0.0.0/0 to port 3389 (Scored) 全セキュリティグループにおいて、port 3389(ssh)を不特定多数(0.0.0.0/0)に公開していない
Level 2 4.3 Ensure the default security group of every VPC restricts all traffic (Scored) 全てのVPCの、defaultセキュリティグループは、全ての通信を拒否する設定となっている
Level 2 4.4 Ensure routing tables for VPC peering are "least access" (Not Scored) VPCピアリングのルーティングテーブルは、必要最小限のものにしている